nami社会保障通信
社会保障政策(年金・医療・介護・生活保護・雇用・少子化対策)の解説や意見
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働市場改革(労働ビッグバン)-労働者派遣法改正の方向
労働政策審議会労働力需給制度部会は、労働者派遣制度の見直しを議論していますが、規制改革・民間開放推進会議の最終答申では、労働者派遣法について、派遣労働を特別視した規制法から、真に派遣労働者を保護し派遣が有効活用されるための法律へ転換すべく、抜本的見直しを図るべきであるとしています。
具体的には、紹介予定派遣以外の労働者派遣における事前面接の解禁派遣労働者に対する雇用契約申込み義務の見直しを求めています。


1.労働者派遣法の抜本的な見直し
業務の種類による区分もなければ、派遣受入れ期間の制限もない。そうした無理のない法制度の下で、派遣労働者の就業条件の確保・整備(労働者保護)のみを追求するための見直しが求められる。
派遣労働者のなかには派遣を正社員になるためのワン・ステップと考える者もいることに留意して、ステップ・アップを指向する派遣労働者のために、派遣元と派遣先を含めた三者間で、話合いの場を設ける。法令による義務づけよりは、まず労使の間でその具体的な手立てを検討する。派遣先の労働組合が本来果たすべき役割は、そうした検討の場を積極的に設けることにある。
請負についても、請負会社で働く労働者のスキルの向上と処遇改善のためには何が必要かという観点から、企業における自主的な取組に加え、現行の派遣と請負の事業区分に関する基準(大臣告示)の見直しを含めた法制度の整備が必要である。

2.紹介予定派遣以外の労働者派遣における事前面接の解禁
派遣労働者の配置については、雇用主である派遣元事業主が当該派遣労働者の職業能力を評価した上で、派遣先の必要とする労働力に相応しい労働者を適切に判断して行うことが基本とされ、事前面接の禁止は、派遣労働者の就業機会が不当に狭められないようにすること等に目的があるとされているが、労働者派遣の役務を現実に提供するのは、生身の人間である派遣労働者であって、機械やロボットではない。また、派遣労働者のなかには、派遣先のことを知っておきたいと願う声もある。
そこで、派遣先における不適合(ミスマッチ)から生じる中途解約等の問題の発生を未然に防止するためにも、紹介予定派遣以外の派遣における事前面接の解禁のための条件整備等について検討を行う。

3.派遣労働者に対する雇用契約申込み義務の見直し
雇用契約の申込み義務については、使用者には本来「採用の自由」(雇用契約締結の自由)があり、法は原則としてこれに介入すべきではないこと等を理由に、このような不自然な規制は撤廃すべきであるとの指摘があるほか、26 業務については、雇用契約の申込み義務が新たに課せられたことによって、派遣先が3年を超えて同一の派遣労働者を使用することに慎重になり、その結果、派遣労働者の雇用がかえって不安定なものとなることを懸念する声もあり、施行状況等を踏まえ検討を行う。

(1)雇用契約申込み義務が生じるケース
・派遣受入れ期間に制限のある業務(26 業務以外の業務)については、派遣先が期間制限を超えて派遣労働者を使用しようとする場合
・派遣受入れ期間制限のない業務(26 業務)については、3年を超えて同一の派遣労働者を受け入れている派遣先がその業務に労働者を雇い入れようとする場合

(2)雇用契約申込み義務の根拠
・派遣先による期間制限違反を未然に防止する
・派遣労働者の希望を踏まえて派遣先での直接雇用の機会を与える


参考資料
規制改革・民間開放の推進に関する第3次答申(2006(平成18)年12月25日)
労働政策審議会労働力需給制度部会資料(第93回)

参考エントリー
派遣の事前面接解禁へ(EU労働法政策雑記帳)
スポンサーサイト

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/21 20:11】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akazawanami.blog73.fc2.com/tb.php/66-d2d62e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤澤 波

Author:赤澤 波
社会保険労務士・Wikipedia年金分野編集者 
社会保障の理念は変動する社会の中で国民のセーフティネットを確立すること。
自由主義の社会福祉国家の社会保障政策を考えます。
詳細プロフィール(http://d.hatena.ne.jp/nami-a/about)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント(コンパクト)

データ取得中...

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。