nami社会保障通信
社会保障政策(年金・医療・介護・生活保護・雇用・少子化対策)の解説や意見
10 | 2006/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007(平成19)年度予算編成 の社会保障費(1)-雇用保険・生活保護
財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が、2007(平成19)年度予算編成に関する建議を公表しました。
社会保障分野では、社会保障制度及びそれを支える財政の双方の持続可能性を確保する観点から、制度の聖域なく不断の見直しを行う必要があり、特に、将来世代の負担増の抑制や世代間の公平の確保を図るため、給付の抑制に加え、負担の先送りを早急に止める必要があるとしています。具体的には、雇用保険の国庫負担廃止、生活保護の生活扶助基準の水準・加算の見直し、医療のサービス提供コストの縮減、公的保険の範囲の見直し、負担能力に応じた公平な負担、児童手当は慎重に検討などです。
厚生労働省と財務省は、失業給付費の国庫負担の半減を軸に調整を進めていますが、半減すれば国庫負担額は約3600億円から約1800億円となります。(参照
生活保護費については、400億円削減する方針。母子加算を3年で段階的に廃止、新たに就労しながら生活保護を受け、18歳以下の子どもを養育している1人親世帯に一律月額1万円を支給する「ひとり親世帯就労促進費」(仮称)を創設し、2007(平成19)年度から適用します。また、職業訓練や自立支援プログラムに参加する世帯にも一律月額5千円を支給し、自立を促します。(参照)リバースモーゲージ制度導入、障害者医療費を国庫負担の少ない障害者自立支援法による自立支援医療から支給等。
今年度中に全自治体が策定する自立支援プログラムで保護対象から外れる世帯が増え、削減効果が出ることも見込んでいます。

雇用保険の国庫負担と生活保護費についてまとめました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:政策 - ジャンル:政治・経済



プロフィール

赤澤 波

Author:赤澤 波
社会保険労務士・Wikipedia年金分野編集者 
社会保障の理念は変動する社会の中で国民のセーフティネットを確立すること。
自由主義の社会福祉国家の社会保障政策を考えます。
詳細プロフィール(http://d.hatena.ne.jp/nami-a/about)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント(コンパクト)

データ取得中...

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。